軽石漂着を令和の小さな物語に

 古銭、人形、紅皿…。何か小さな物語がありそうなものが海岸に流れ着くことがあるという。近年はプラスチック片などごみの類いが増えたが▼1986年秋、福岡県の玄界灘沿岸一帯に軽石が漂着した。福岡市・海の中道には帯状に漂着した。同じ年の1月に海底火山「福徳岡ノ場(ふくとくおかのば)」の噴火で...

残り 439文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR