「京都暴動」描くパニック小説 佐藤究『Ank:a mirroring ape』

酒井信さん寄稿

 新型コロナウイルスの感染が拡大する以前の京都の「オーバーツーリズム(許容範囲を超えた観光)」を風刺した作品である。嵐山から京都御所、八坂神社まで「モンスター級の観光都市」を舞台に発生した「京都暴動」を巡るミステリーが物語の核となる。ただ暴動がチンパンジーの「Ank(アンク)」の叫び...

残り 1632文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR