【★どうが★やさしい日本語】「わら」で作(つく)った  大(おお)きな  にわとり

福岡ふくおかけん  筑前ちくぜんまちでは、わかい  ひとたちが  毎年まいとし面白おもしろいものを  つくっています。

こめが  とれる「いね」の  くきを  かわかした「わら」が  材料ざいりょうです。

「わら」を使つかって、とても  おおきな  作品さくひんにします。

今年ことしは、たかさが8メートルも  ある「にわとり」を  つくりました。

にわとりの  羽根はねも  上手じょうずに  つくって  います。2カ月かげつぐらい  かかりました。

にわとりのしたには、おおきな  たまごも  きました。

にわとりは、あさが  はじまるときに  きます。

わかい  ひとたちは、「新型しんがたコロナウイルス(Covid-19)の  心配しんぱいが  はやく  わってほしい」と  おもって、にわとりを  つくりました。

わらの  にわとりは、  筑前ちくぜんまちの「やすさとこうえん」に  あります。

来年らいねんの1がつ28にちまで  ることが  できます。

 

もとの  記事きじは  こちら

関連記事

PR

PR