川内12位、大会終了に感慨 福岡国際マラソン

 34歳のベテラン川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)は大会の終了を惜しんだ。体調は万全ではなかったというが「今年を逃したら福岡では走れない」との思いで、12回目の出場を決めた。12位という結果で締めくくり「走っている途中で、過去のレースが走馬灯のように思い浮かんだ。自分はこの大会に育ててもらって、世界に向かえた」と声を詰まらせた。

関連記事

PR

PR