心遣い 大里和子

 友人から「今年の渋柿、良い出来よ。つるす?」と連絡があった。「作るよ。20個くらいちょうだい。でも今、家にいないよ」と私。「じゃあ勝手口に置いとくね」と電話は切れた。翌々日、帰宅するとつややかな渋柿とおいしそうな里芋が届いていた。

 早速、柿の皮をむき、へたをひもに結わえて、湯通しして虫よけネット...

残り 376文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR