竹やぶをミカン山に 「振り返れば未来」(26)

【聞き書き】農民作家 山下惣一さん

 昭和30年代前半の温州ミカンは、庶民の高根の花。「静岡のミカン農家の嫁さんは、両手にダイヤの指輪をしてミカンをもいでいる」。そんなうわさもあったほどです。

 研修を兼ね、先進地のミカン農家に、収穫作業の賃稼ぎへ行きました。ばか売れしたミカンで建てた「ミカン御殿」には電気冷蔵庫があり、仕事が終わると...

残り 869文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR