文学部の学生が紡ぐオンライン面会 久留米大医療センターの設備工夫

 コロナ禍で面会ができない患者と家族の心をつなぐ手助けをしたい。久留米大文学部・情報社会学科の学生が、大学の医療センター(福岡県久留米市国分町)の入院患者や家族向けに、オンライン面会の設備やマニュアルを準備し、運用している。現場の負担が最小限になるよう配慮を重ねた。

 学生は、医療現場の課題解決を文系の視...

残り 436文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR