「だいがら」使い避密の餅つき 福岡市で小学生挑戦

 福岡市東区青葉の青葉台集会所で5日、足踏み式の農具「だいがら」(台唐)を使った餅つきがあった。だいがらを初めて見るという小学生たちが、交代で餅つきに挑戦した。

 だいがらは長い棒に取り付けたきねの反対側を足で踏み、てこの原理で上下させる道具。餅をつく人とこねる人とが離れているため、「コロナ禍...

残り 115文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR