尾崎人形「寅」続々と 神埼市の工房、来年のえと制作ピーク

 神埼市の郷土玩具「尾崎人形」の工房で、来年のえと「寅(とら)」の置物制作が最盛期を迎えている。

 尾崎人形は約700年前から尾崎地区で作られてきたとされ、赤、青、黄を基調に色付けしているのが特徴。一時は継承者が途絶えたが、約12年前に高柳政広さん(76)が受け継ぎ、約5年前からは城島正樹さん(35...

残り 157文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR