築1世紀の洋館、星の電飾 「青い理髪館」、島原の冬照らす カフェ営業

 島原城の堀端・島原市上の町にある「青い理髪館」に今冬も電飾がともった。大正時代に開業した理髪館は平成に入り、取り壊しの危機に直面するが、保全運動に関わった市民が2000年、カフェを開業、令和の今に続く。星形の電飾に込められた願いは-。

 青色の洋館「旧小林理髪館」は1923(大正12)年に建築。2...

残り 710文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

長崎県の天気予報

PR

PR