鳥インフル、養鶏場に消毒命令 知事「衛生管理再徹底を」

 南関町の養鶏場における鳥インフルエンザ発生を受け、蒲島郁夫知事は6日、県内205カ所の養鶏場に対し、家畜伝染病予防法に基づく消毒命令を出した。消石灰などを散布してウイルス拡大を防ぐ。蒲島氏は同日の防疫対策本部会議で「発生がないことが最大の防疫。衛生管理を再徹底してほしい」と呼び掛けた。

 県による...

残り 323文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR