電動キックボード通学実験 日本文理大学生の大在駅利用促進へ

 県は6日、最寄りのJR駅や路線バス停留所から目的地まで公共交通手段がないという地域交通課題の解決に向け、電動キックボードを使った実証実験を始めた。日本文理大(大分市)の学生15人が同大と最寄りのJR大在駅(同)間で通学に使用し、利便性や安全性を検証する。

 県によると、大在駅から日本文理大までの公...

残り 396文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

大分県の天気予報

PR

PR