西岡氏「愛されるチームを」 福岡北九州監督就任会見 野球九州アジアリーグ

 実業家堀江貴文氏が北九州市に設立し、プロ野球の独立リーグ、ヤマエ久野九州アジアリーグに加盟した福岡北九州フェニックスの西岡剛選手兼監督(37)が6日、同市で就任会見を開き「北九州市民に愛されるチームを目指す」と語った。

 日本ハムの新庄剛志監督の「ビッグボス」が注目される中、西岡氏は「スキッパー(英語で船長、特にヨットのかじ取り役の意味)と呼んで」とリクエスト。「(自身もプレーした)メジャーリーグでは監督などをそう呼ぶことが多い」と説明し「西岡剛という船に乗ってもらい、選手たちが良い方向に向かうように現場でかじを切っていきたい」と力を込めた。

 目指す監督像には、幼少期に野球を教えた父、母校大阪桐蔭高の西谷浩一監督、ロッテ時代のバレンタイン監督を挙げた。「新たなステージで自分自身も高めたい。監督10割、選手10割でいく」と誓った。 (岩谷瞬)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR