若タカ2人、児童とリモート交流 画面越しに熱血指導

 プロ野球福岡ソフトバンクホークスの井上朋也選手(18)と笹川吉康選手(19)が6日、福岡県筑後市のファーム本拠地から、市内の筑後特別支援学校にリモートで「学校訪問」し、児童と交流した。

 市とホークスの連携協定による恒例行事。コロナ禍で昨年に続きリモートとなった。スイングやスローイングを画面越しに披露し、5、6年生19人から拍手と歓声が上がった。

 1季目を終えた昨年ドラフト1、2位の2人。「人を感動させる選手になりたい」(井上選手)、「1軍レギュラーを取り、将来は日本代表に」(笹川選手)と子どもたちに誓った。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

絨毯 キリム展 

  • 2022年1月13日(木) 〜 2022年1月17日(月)
  • 街角ギャラリーMIMOZA
開催中

現代版画2022

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月17日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR