輝き放ち始めた「個性派」 上京20年で見えた“居場所”とは 俳優林田麻里

シン・フクオカ人 #62

〈人生は自分の居場所を見つける旅なのかもしれない〉

 東京を拠点に活動している俳優の林田麻里=福岡県大牟田市出身=は今、福岡市に長期滞在している。今月18、19日に上演される演劇「世界は右側でデキている」の稽古に臨むためだ。

 未知の感染症によって世界が一変したこの2年間を題材にした作品で、政府による規制を忠実に実行しようとする市役所職員を演じる。「飲食店だけを規制の対象にするのはおかしい」と叫ぶ部下に対しても...

残り 1446文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR