浸水リスク、地図上で立体表示 「垂直避難」活用に期待

 全国で豪雨災害が多発している中、自治体や企業などがハザードマップなど災害リスク情報を、地図上に立体表示して活用できる環境が整いつつある。3Dモデルを使い都市を立体的に表示する国土交通省主導のプロジェクトの成果だ。現在プロジェクトのウェブサイトで、全国56都市の浸水想定区域などの立体イメージが閲覧でき、リスクを直観的に捉えることができる。 ...

残り 1701文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR