豊前の三セク焼却灰、市の対応は県の調査結果後

 福岡県豊前市の第三セクター「豊前開発環境エネルギー」(白石康彦社長)が木質バイオマス発電所の焼却灰を無許可で取り扱っていた問題で、同市は7日、同市議会全員協議会で、県の調査結果を待って対応を検討するなどと報告した。市議からは「三セクの監査、監督がより必要だ」などの厳しい指摘が相次いだ。

 市によると、同...

残り 287文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR