住民投票の成立要件撤廃請願を不採択 長崎市議会総務委

 長崎市議会総務委員会は7日、来年4月に施行する常設型の住民投票条例について、「投票率50%以上」とする投票成立要件の撤廃を求めた請願を賛成少数で不採択とした。

 請願は市民グループ「長崎市常設型住民投票条例を考える会」の代表を務める長崎大水産学部の桑野和可(かずよし)教授(58)が提出。...

残り 178文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

長崎県の天気予報

PR

PR