二極化するコロナ禍の景況感 原材料高騰も停滞一因

地場主要企業アンケート詳報㊤

 西日本新聞が実施した地場主要企業へのアンケート(回答123社)では、新型コロナウイルスの影響は依然として続いているものの、新規感染者数の減少などで一部企業では景況感が改善していることが示された。コロナ禍を機にデジタル化の取り組みも進んでいる。アンケート結果の詳報を2回に分けて紹介する。...

残り 2762文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR