ナンキンハゼ 川上由美子

 ここ1週間、落ち葉かきの毎日である。その量も半端ではなく、一輪車に3、4台。掃く端から落ちてきて切りがない。主にナンキンハゼの葉が多い。

 このナンキンハゼとの縁の始まりは福岡市の総合図書館に通っていた頃だ。街路樹として、夏はたくさんの葉で日陰をつくり、道行く人を暑さから守っていた。晩秋には葉がす...

残り 366文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR