飲み比べ、ラベル作り…球磨焼酎を核に観光振興「蔵ツーリズム」始動

 人吉球磨の旅㊦

 球磨焼酎-世界広しと言えど、そう名乗れるのは米を原料にし、熊本県南部の人吉球磨地域の水を使って造られた焼酎だけだ。地名を冠することを世界貿易機関(WTO)が認めたトップブランドなのだ。

 世界に誇る特産品を核とした観光振興プロジェクト「球磨焼酎蔵ツーリズム」が、同地域で始まった。12の蔵元をはじめ酒販店や観光施設などが協力し、蔵見学や飲み比べのほか、仕込み、ブレンドなどが体験できる有料プランを提供し、球磨焼酎の魅力を伝える。どんなプランなのか。まずは体験してみた。...

残り 1276文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR