宿泊施設新設に最大1億円補助 大牟田市、立地促進へ要綱制定

 福岡県大牟田市は、宿泊施設の客室数不足を解消するため、ホテルなどの宿泊施設の立地を促進する補助金交付要綱を制定した。来年1月施行で2026年度までに市が認めた事業が対象になる。

 補助額は、投資額(土地取得費を除く)の10%だが上限1億円。宿泊施設を新設する場合は、客室数100室以上かつ雇用増20人以上で上限1億円を交付し、50室以上かつ10人以上なら上限5千万円。...

残り 294文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR