「海の豊かさ」指標はエビ!? 学生がモニタリングシステム開発に挑戦

 佐世保高専(長崎県佐世保市)の学生有志が、海の豊かさをモニタリングするシステムの開発に挑んでいる。海中の豊かさを示す指標とされるテッポウエビ類の発する音から、生息数や密度を割り出したい考え。将来的に、漁業の効率化や海洋研究のデータ収集に寄与できるシステムを目指す。...

残り 641文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR