「脱炭素」九州でも広がる取り組み 影を落とす原油価格高騰

地場主要企業アンケート詳報㊦

 西日本新聞が地場主要企業に実施したアンケート(123社回答)。政府が2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」を掲げる中、半数以上の企業が「脱炭素」に向けた取り組みを何らかの形で進めていることが分かった。足元で続く原油価格の高騰は、九州でも企業活動に広く影を落としていた。 ...

残り 1433文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR