原爆投下前の長崎伝える貴重な13枚 提供された写真公開 RECNA

 長崎大核兵器廃絶研究センター(RECNA)は、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館(長崎市)と取り組む「被爆の実相の伝承」オンライン化・デジタル化事業の一環で、原爆投下前の長崎の人々や街並みを撮影した写真を募っている。これまで被爆者など10人から計千枚以上の写真が集まった。

 11月26日の記者会見で...

残り 381文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

長崎県の天気予報

PR

PR