教員採用取り消し訴訟巡り 求償求め住民監査請求 市民オンブズマン

 十数年前の大分県の教員採用汚職事件を巡り、採用を取り消された男性2人が処分を不服とした訴訟で県が支払った賠償金など約856万円について「おおいた市民オンブズマン」(永井敬三理事長)は8日、関係者への請求(求償)が不十分として県監査委員に住民監査請求を行った。

 オンブズマンや県教委によると元小学教諭と...

残り 510文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

大分県の天気予報

PR

PR