鷹ドラ4野村「新人王取りたい」 球団野手で71年ぶりの快挙に照準

 ソフトバンクにドラフト4位で指名されたNTT西日本の野村勇内野手(25)が8日、球団の野手では71年ぶりの新人王に照準を合わせた。契約金5千万円、年俸1200万円で入団合意(金額は推定)。ペイペイドームでの記者会見で「新人王を取りたい」と決意を口にした。

 球団の新人王は過去12人いるが、野手は前身の南海時代に受賞した1951年の蔭山和夫だけ。同年にリーグ3位の42盗塁を記録した大先輩と同様に、「周東選手を超えたい」と話す野村勇も50メートル5秒8の俊足。盗塁王も目標の一つだ。

 藤本監督は来春キャンプのA組(1軍)スタートを明言。今年3月に結婚し、9月に長女珠亜(みあ)ちゃんが誕生したパパさんルーキーは「足と守備は通用すると言われた。すぐに結果を出したい」と意気込んだ。

 ソフトバンクはドラフトで指名した全19選手(育成を含む)の入団が決まった。

 (鬼塚淳乃介)

関連記事

PR

開催中

大九州展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月18日(火)
  • 井筒屋小倉店本館8階催場

PR