大分・大入島の埋め立て事業は「中止」 知事が諮問機関の答申受け

 大分県佐伯市の大入(おおにゅう)島の埋め立て事業を巡り、広瀬勝貞知事の諮問機関「県事業評価監視委員会」(角山光邦委員長)は7日、中止が妥当と答申した。これを受け広瀬知事は事業中止を表明した。

 埋め立ては島対岸の佐伯港女島地区で大型船入港を可能にするため、国が水深14メートルの岸壁を整備する事業に伴い計...

残り 287文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

大分県の天気予報

PR

PR