充実した時間 高まった日本語熱 ドナルド・キーンとの出会い

日米の十字路 ハワイで-上原征生の軌跡-(3) 河路由佳さん寄稿

 “ニューアメリカン”として世界平和への貢献を誓った上原征生(ゆくお)にとって、1941年12月7日(ハワイ時間)の真珠湾攻撃は青天の霹靂(へきれき)であった。日曜日の自宅で、征生はのんびりしていた。「全くタマゲましたね。とてもホントとは信じられなかった(67年8月17日付『ハワイタイムス』)」と後...

残り 1490文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR