宮崎の母伝承のチキン南蛮 ミヤザキナイズダイニング どれみ(福岡市中央区)

【福岡を食べる】 

 宮崎県出身の記者(45)のソウルフードといえば「チキン南蛮」。同県延岡市の店舗が発祥とされ、今では県内外で食べることができる定番メニューだ。ただ宮崎県外の飲食店で注文すると「これだ」という味になかなか出合うことがない。そんな中、同郷の同僚に福岡市中央区の「ミヤザキナイズダイニング どれみ」を紹介してもらった。早速、店に足を運んだ。...

残り 1187文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR