国際結婚夫婦の悩みは「継承語教育」

釜山でモハノ(何してるの)?

 「子どもが日本語をしっかり使えるようになるかが不安」。釜山市で韓国人男性と結婚した日本人女性から悩みを聞いた。夫は日本語が苦手。夫婦間の会話は韓国語で、子どもに日本語で話しかけるのは妻だけだという。

 韓国で育てば母語として韓国語を覚えるが、日常で使う機会が少ない日本語をどうやって教えるか。...

残り 531文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR