非食用米でプラスチック「バイオマスレジン」水俣で製造へ 

 「SDGs未来都市」に選定された環境のまち・水俣に新たな環境産業が加わる。水俣市の廃棄物処理業、吉永商会の子会社は24日、来年3月から新工場で非食用米を原料にしたバイオマスプラスチック「ライスレジン」の生産を始めると発表した。プラスチックごみによる海洋汚染防止や脱炭素の推進、フードロスにつながる素...

残り 493文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

熊本県の天気予報

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR