起業支援の共同生活事業 東京と福岡の企業開始へ 単身者と高齢者、ひとり親 貧困や孤独、問題解決にも

 レンタルオフィス事業を手掛けるトラスト(東京)と、障害者や性的少数者などの雇用を支援するマイソル(福岡市)は来年、福岡県内に職場と住居が一体となった起業支援施設を開設する。空きアパートなどを幅広い世代の人たちが入居できる住宅に改造。経済的な理由でオフィスや自宅の確保が難しい起業家のほか、単身の高齢...

残り 658文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR