誰も死にたまふことなかれ

「盗人を見てから縄をなうというような日本人の便宜主義がこういう場合にも目につきます」。スペイン風邪が猛威を振るった1918年、歌人の与謝野晶子は評論で厳しく政府を批判した▼米騒動の際は5人以上集まって歩くことを禁じた。なのに「なぜいち早くこの危険を防止するために(学校や大工場など)多くの人間の密集す...

残り 419文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR