バス置き去り防止へ実証実験 直方のIT機器会社、センサーで人を検知

 福岡県直方市上境の電子機器開発・製造「サイバネテック」(笹岡寛社長)が、保育園や幼稚園、高齢者施設などの送迎バスでの置き去り事故防止に向け、バスと事務所を無線通信でつなぎ、文字表示や音で異常を通知する検知システムの実証実験に取り組んだ。

 中間市の保育園で7月、園児が送迎バスに取り残されて熱中症で死亡した事故を受け、直方市から「先進的IT技術実証事業補助金」を得て10月から開発を進める。...

残り 473文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR