下水汚泥から茶栽培肥料 鹿児島高専が開発、資源循環とコスト減両立

 鹿児島工業高等専門学校(鹿児島県霧島市)は、下水処理で生じる汚泥と、焼酎かすなど地域のバイオマス資源を活用した肥料を開発し、量産化に向け、県内で盛んな茶栽培に使う実証実験を進めている。肥料に必要な窒素などを含む下水汚泥の、農業への利用が停滞する中、肥料のコストダウンと同時に、地域内の資源循環で国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」への貢献にもつながるシステム構築を目指す。...

残り 818文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

鹿児島県の天気予報

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR