「危険防ぐため内密出産は続ける」慈恵病院長の会見一問一答

 独自の内密出産制度を導入する熊本市西区の慈恵病院で、未成年の女性が匿名のまま出産した。家族ら周囲に頼ることができず「1人で産んで捨てるしかない」と追い込まれかけた女性。4日に記者会見した蓮田健院長は「危険な孤立出産を防ぐためにも、内密出産は続ける」と改めて強調した。会見の一問一答は以下の通り。 (西村百合恵、鶴善行)

 -女性が訪れた経緯は

 「昨年11月中旬にメールで相談があった。その後もメールや電話でやりとりし、12月に熊本に来る日が決まった。その日の午前中に出血が始まったと連絡があり、私と新生児相談室長が新幹線で(JR)博多駅まで迎えに行き、午後に病院に到着。翌日、無事に出産した」

 -出産後の母子の様子は

 「女性は出産直後に赤ちゃんを抱っこした。しかし出生後の血液検査で異常値が出たため、保育器で抗生物質と点滴を始めることになった。なかなか抱っこもできない中で、女性は毎日面会に来ていた。退院日に赤ちゃんを抱き上げた際には、号泣していたようだ」

 「病院で助産師や相談員に会い『大人にこんなに優しくしてもらったことはなかった』と言っていた。当然の対応をしただけだが、そう言わせる環境が女性の周りにはあった。自己責任という意見もあると思うが、女性が育った環境も理解してほしい」

 -女性が身元を明かせない理由は

 「パートナーの男性から暴力を受ける可能性があること。出産が知られると母親から縁を切られること。母からの虐待歴があり親子関係は悪いが、それでも母から離れたくないと言っている」

 -女性の身元情報はどのように保管するのか

 「健康保険証と高校時の学生証のコピーを、彼女が持参した封筒に入れた。相談室長だけが中身を確認し、病院で厳重に保管する」

 -子どもへ情報開示はいつ行うのか

 「『赤ちゃんが知りたいと言ったときにいつでも開示して良い』と女性から言われた。開示の際は女性に連絡を取り確認をする必要がある」

 -今後も内密出産は続けていく

 「彼女は『病院で出産できなければ1人で産んで捨てていたかもしれない』と言った。危険な孤立出産を防ぐためにも内密出産を継続していく。また、年間約20件発生している赤ちゃんの遺棄・殺人を防ぐために、市や国には現実的な対応をお願いしたい」

 -女性が翻意する可能性があると考える理由は

 「赤ちゃんに対する手紙を書いてくれた。入院中には『赤ちゃんが心配で眠れない』と言っていた。退院後も『赤ちゃんは大丈夫ですか』と連絡をくれている。わが子への思いが非常に強いと感じている」

 -手紙の内容は

 「元気に生まれてくれてありがとう。世界で一番幸せでいてほしい」

熊本県の天気予報

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR