未成年女性が内密出産 熊本・慈恵病院、国内初か 「翻意の可能性も」

 病院だけに身元を明かして出産する独自の「内密出産制度」を導入する熊本市の慈恵病院は4日、制度の利用を希望する未成年の女性が昨年12月に出産し、新生児を保護したと発表した。国内初の事例になるとみられるが、同日記者会見した蓮田健院長は「女性は心が揺れており、翻意する可能性がある」と状況を説明。女性自身が子育てに携われるよう、今後も説得を続けるという。

 病院によると、西日本在住の女性は昨年11月中旬にメールで病院に相談。同12月に病院が保護し、出産した。病院の新生児相談室長にだけ身元を明かしたという。病院は新生児の性別を明らかにしておらず、女性は既に退院している。

熊本県の天気予報

PR

PR