【やさしい日本語】日本(にっぽん)で  初(はじ)めての  珍(めずら)しい  カニが  見(み)つかった

これまで  日本にっぽんで  つかったことが  ない  カニが  つかりました。

山口やまぐちけん  下関市しものせきしの  水族館すいぞくかんかいきょうかん」の  ひとが  つけました。

カニは  山口やまぐちけんの  うみで、130メートルぐらいの  ふかさの  場所ばしょで  とれました。

カニは  ちいさくて、背中せなかの  かたい  部分ぶぶんの「甲羅こうら」の  よこの  ながさが1.3センチです。

甲羅こうらに  せんの  模様もようが  あります。

水族館すいぞくかんの  ひとが  調しらべると、フィリピン(Philippine)や  インドネシア(Indonesia)などに  いる  カニの  種類しゅるいだと  かりました。

この  カニの  日本にっぽんでの  名前なまえは「アカスジコブシ」になりました。

水族館すいぞくかんの  ひとは、「べるための  カニでは  ないので、これまで  つからなかったのでしょう」と  はなしました。

1がつわりまで、「かいきょうかん」で、この  カニを  ることが  できます。

 

もとの  記事きじは  こちら

関連記事

PR

PR