親頼れぬ若者支えた29歳 9年越しの「成人式」に感謝

 晴れ着姿で、しきりに照れていた。9年前の成人式には出席もできなかった。放課後児童クラブ支援員の宮田悠輝夫さん(29)=北九州市小倉北区=は、児童養護施設出身者らを支援する市民団体の企画で初めて羽織はかまに身を包み、写真に納まった。宮田さんは、この団体の事務局長。これまで他の施設出身者たちの手伝いはしてきたが、自分が「主役」になるなんて考えもしなかった。何事にも期待しないよう生きていた時期もあった。仲間の支えで少しずつ変わってきている。...

残り 1363文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR