地域の危機を「うそ」に替えたい

 菅原道真がある日、蜂の大群に襲われそうになった。そこへ鳥のウソが現れ、蜂を食べて菅公の危機を救った-。そんな伝承が由来ともいう「うそ替え」神事がきょう、太宰府天満宮である▼「替えましょ」の掛け声で木彫りのウソを交換する習わし。ウソがうそに通じることから、これまでの悪いことをうそにして今年の吉に取り替えるのだそうだ...

残り 411文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR