【第1部】「部落民宣言」に違和感 「何のための運動なのか」

【光求めて~ある被差別部落家族の100年❼】

 光(ひかり)(82)の長男、玉貴(49)が生まれたのは1972年3月。全国水平社創立からちょうど50年の年だった。そんな“節目”を玉貴が意識したことはない。部落差別が「自分に降りかかってくる」と考えたこともなく、少年時代を過ごした。...

残り 1262文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

はかた夏まつり2022

  • 2022年8月10日(水) 〜 2022年8月15日(月)
  • JR博多駅前広場(賑わい交流空間)

PR