最後の巨大鬼火たき 「竹の調達難しく」71歳手製の鬼小屋はぜる

 長崎県松浦市調川町の田んぼで7日、今年の無病息災を祈る新春行事「鬼火たき」があり、地元で建設業を営む久保川志丸さん(71)手製の巨大な鬼小屋が勢いよく燃え上がった。

 久保川さんが1998年から毎年暮れにクレーン車を使い、切り出した竹を組んで造ってきた鬼小屋も今年で最後。1辺4メートル、中心部の高さ6・...

残り 163文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR