駅起点に自然と歴史満喫 鹿児島県境、水俣・袋駅周辺

【2022熊本“避密”の県境旅③】

 雲一つない。午前9時、肥薩おれんじ鉄道の水俣駅で列車に駆け込む。水俣湾埋め立て地や不知火海…。身近な景色も車窓から見ると新鮮だ。と思っていると、あっという間に隣の袋駅。水俣駐在も2年が過ぎたが降り立つのは初めてだ。

 鹿児島県にほど近い国道3号沿いの集落にぽつんとたたずむ無人駅は、まさに「県境」。...

残り 1107文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR