『鈴木天眼 反戦反骨の大アジア主義』 高橋信雄著

 1902年、長崎で「東洋日の出新聞」を創刊した、鈴木天眼(てんがん)(1867~1926)は、真のアジア主義を唱え、孫文の辛亥革命を支持するなど孤立を恐れぬ気骨のジャーナリストとして知られる。本書では天眼が同紙に書いた論説などを引用し...

残り 108文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR