『肩書のない人生』渡辺京二著 老いてなお、現代人に示唆

 90歳を超えた著者の最新発言集である。講演記録4本にインタビュー記事1本、さらに1970年代の日記抄も収められている。

 「肩書のない人生」では、若者たちに、将来仕事に就いたら職業人としての自分から「超越した自分」というものを持ってほしい、と説く。また「寄る辺なき時代を生きる」では「自分の言葉を持とうよ」「生活語でね」と呼びかけていて...

残り 691文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR