『プカプカ西岡恭蔵伝』中部博著 愛の鎮魂歌、解放区の墓碑銘

 ♪俺のあん娘(こ)ぅはタバコが好きで、いつもプゥカプカプカ。「70年代フォークを一つだけ選べと言われたら、私はためらわず『プカプカ』と答える」と演出家久世光彦は言ったが、まったく同感だ。本書は、50歳で世を去ったミュージシャン西岡恭蔵の初評伝で、死後22年目にやっとこの本に出会えたことを喜びたい。...

残り 775文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

大九州展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月18日(火)
  • 井筒屋小倉店本館8階催場

PR