吉永小百合さんも招いた 「胸が痛い」と倒れた息子の分も人と会いたくて

ないならつくろう 筑紫哲也と自由の森大学

 1999年5月。大分県日田市豆田町のホテル「風早(かざはや)」のラウンジで、「自由の森大学」学長の筑紫哲也をはじめ運営スタッフ十数人がその人を待っていた。

 筑紫はこの年度実行委員長を務めた穴井邦彦(67)に念を押していた。「くんちゃん、講師としてお連れするからセキュリティーを頼むよ」。「くんちゃん」は穴井の愛称である。

 到着したその人はあまりのオーラで、自然と全員がスタンディングオベーションで迎え入れた。

 吉永小百合だ。

   ◇    ◇

...

残り 1048文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

大分県の天気予報

PR

PR