「宿泊療養施設は月末までに全て稼働」福岡知事インタビュー

 服部誠太郎知事は、西日本新聞の新春インタビューに応じ、新型コロナウイルスの感染再拡大に対して「命を守るために医療提供体制を万全に迅速に整える」と述べた。消費喚起や中小企業のデジタル化支援で地域経済を立て直し、感染防止と経済活動の両立を図る考えも示した。主なやりとりは次の通り。

経口治療薬は300の薬局で処方できる

 -新変異株「オミクロン株」の流行で感染が急拡大している。

 「コロナ対策は何より人の命を守ることが重要で、医療を適切、的確に提供しなければならない。確保している専用病床をすぐに使用できる即応病床へ速やかに切り替え、休止している宿泊療養施設は1月末までに全て稼働させる」...

残り 1165文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR