プラゴミ減量、紙製熊手 北九州の若松恵比須神社

 北九州市若松区の若松恵比須神社は、部品の大半を紙製にした縁起物の熊手を取り入れている。プラスチックの飾りや針金をできるだけ使わないことで、神社への返納後に燃やす際の手間を省き、環境への負荷も減らす試みだ。約1年前から導入し、今年の十日えびす祭(9~11日)では半数が紙製に置き換わる。1年の役目を終...

残り 528文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR